面接のマナーをしっかり把握しよう|お受験に向けて

卒業までの学費

公立と私立の違い

学生

九州最大の都市である福岡には、公立も私立も含めて数多くの通信制高校があります。
福岡の通信制高校を卒業するまでの学費は、公立と私立とで大きな違いがあります。
公立校の場合、入学金は500円と格安ですが、私立校では学校によって異なり、2万円〜5万円ぐらいかかります。
福岡の通信制高校では、授業料は単位あたりで課金されることが多く、一般には年間で25単位が目安になります。
計算すると公立校では年間1万円〜3万円程度、私立校では年間20万円程度が標準的です。
このほか教材費や受験料などとして、3万円程度が必要になります。
全日制高校から通信制高校へ転入する場合は、それまで取得した単位が有効とされ、授業料が安くなる場合があります。
費用が高いかわりに、福岡の通信制高校では充実したサポート体制が整っています。
定期的なスクーリングや学校行事、メンタル面のケアや進路指導を重視した面談などです。
そのため最後まで挫折せずに卒業しやすいのが特徴といえます。
もちろん単位取得だけが目的で、自己管理ができる自信があるなら、学費の安い公立校を選ぶのも悪くありません。
収入が少ない家庭の場合は、国に申請すれば就学支援金を受給することができます。
公立校なら授業料が無料になり、私立校なら卒業までに合計35万円程度が支給されます。
また場合によっては返済の必要がありますが、無利子または低利子の各種奨学金を利用するという方法もあります。

専門コースや進学コースも

婦人

高校への通学形態としては全日制と定時制の2種類が一般的でしたが、最近では通信制高校で学ぶ人も増えています。
通信制は全日制や定時制と違って登校日が少なく設定されており、基本的にはレポート添削とスクリーニングによる面接指導・テストで単位取得が可能です。
スクリーニングの登校日は各校によって異なりますが、少ないところでは月2回程度登校するだけで済みます。
そのため通信制高校は自分のペースに合わせた勉強が可能で、それ以外の時間は仕事や専門分野への取り組みに費やせる点が大きな特徴です。
福岡県内にも公立・私立合わせた通信制高校が多くあって、特に私立校はそれぞれ独自のコース設定が用意されています。
福岡県内では3000人以上の人が通信制高校で学んでおり、これは定時制高校の生徒数を上回る数字です。
公立の通信制高校は学費の安く経済的負担が小さく済むことから、学んでいる生徒の中には70代の人も含まれるほど幅広い年代に利用されています。
私立校は公立よりも学費が多くかかる反面、専門コースや進学を目指すコースなども選択可能でカリキュラムやサポート体制が充実している点が特徴です。
福岡県内の通信制高校に通っている人は、不登校だった人や経済的事情・健康上の理由から高校進学を断念して就職した人ばかりではありません。
美容・ファッション・ゲーム・アニメ・芸能などの専門分野を学ぶコースも私立校では充実しており、卒業後の進路まで視野に入れた上での通信制高校選択が可能です。
難関大学を目指せるほど進学コースに力を入れている通信制高校も福岡県内には多くありますので、自由度の高い通学形態と合わせて検討してみるといいでしょう。
諸般の事情で高校を中退した人でも、こうした通信制高校で学ぶことによって高卒資格を取得することができます。
福岡県内でも多様な学び方を選択する人が増えており、より多くの人に高卒資格取得の道が開かれているのです。

利用者増加の理由

学生

福岡では、高校進学時に通信制高校を選択するケースが増えています。
その第一の理由として挙げられるのは、経済的負担の軽減です。
福岡の通信制高校は、一般的な全日制の高校と比べてかかる費用が低額で済みます。
スクーリングやテストの時以外は自分の家で勉強ができるため、通学にかかる交通費もかかりません。
また家庭の経済的な事情から自分で学費を稼がなくてはならない場合でも、通信制高校であれば働きながら勉強を進めることができます。
その他の理由として、いじめや不登校などの問題解消があります。
福岡の通信制高校であれば、中学時代にいじめなどの理由から登校拒否になってしまった人でもストレスなく高校生活を送ることができます。
また、病気がちで登校が難しいという人にも適しています。
自分で勉強のペースを決めることができるため、時間をかけてじっくり学ぶことも可能です。
学年もないため、3年で何としても卒業しなければならないと焦る必要もありません。
自分のペースで高校生活を送れることも魅力の一つとなっています。
福岡の通信制高校では、隅々まで行き届いた指導が行われています。
自宅学習では十分に理解できないような所は、随時丁寧にフォローが行われます。
例えば、課題提出時には理解度が基準まで到達していない人に対して何度も添削が行われます。
最近ではインターネットを使った添削も始まったため、迅速なやり取りを行うこともできます。
また、独学では難しいような所はスクーリングで補うことができるようになっています。